20代の女性は仕事に恋に結婚に大忙し。結婚がゴールは危険な考え方?焦りは禁物。

20代の女性といえば、仕事に恋に結婚に大忙しです。
やりたいことがたくさんあるし、みにつけたいスキルやキャリアもあるので、多忙な日々を過ごされている方が多いのではないでしょうか?
仕事も恋も結婚も20代のうちにしか実現できないことがありますからね。
最近では、30代以上になってから結婚する女性も増えているので、恋や結婚よりも仕事を優先させる傾向が強いみたいです。
20代のうちしか積めないキャリアがありますからね。今の会社で終わりたくないという方は、20代のうちに理想的な会社への転職を考えることもあるでしょう。
30代を過ぎると、どれだけキャリアがあっても、年齢的なハンデが多くなるので、どうしても転職が難しくなってしまいます。
まして、結婚したら退職されるというリスクを持っている女性なら、なおさら、転職は敬遠されてしまうのです。
これは女性差別とも言えますが、会社も長く働き利益になる人材が欲しいので、仕方がないことなのです。
そういった意味でも、20代のうちなら転職しやすいと言えるのです。結婚できたらゴールで、仕事はそれまでのつなぎという考え方の女性なら、それほど20代で仕事に力を入れる必要はないですが、もし、結婚前にキャリアやスキルを築きたいなら、普通に仕事をしているだけではダメです。
今の会社で学べることがなくなるくらい20代のうちに仕事に没頭できた女性だけが、理想的なキャリアアップの転職を実現することができるのです。

離婚率も高い今、結婚がゴールという考え方は危険?

一昔前ではありえないほど日本人夫婦の離婚率は高くなっています。
そう考えると、どんなにラブラブな夫婦でも、いつ離婚の危機が訪れるか分からないのです。
離婚してどちらが辛いのか?収入的に辛いのは専業主婦の奥様の方です。
慰謝料や養育費をもらえるとしても、再就職しなければいけないですからね。
専業主婦歴がいくらあっても仕事のブランクが長くなればなるほど正社員として雇用してもらえる企業など無いですからね。
20代のうちに何もスキルがないOLさんを続けてきただけで、結婚がゴールだと考えてきた女性が、いざ離婚となってしまうと、自分で生活していけるだけの収入を稼ぐことができなくなってしまうのです。
それが理由で離婚したいのにできない・・・なんてことにもなるかもしれません。
また、子供がいる場合、収入がないことを理由に旦那さんの方に親権をとられてしまうかもしれません。そんなことにならないためにも、ただのOLさんで終わらず、どこの会社でも通用するスキルを身につけておきましょう。
難易度の高い資格を取得するのも1つの手段ですが、資格は実務で使ったことが無ければ意味がありません。やはり、再就職をする際にものをいうのが、即戦力になれる実務経験です。
即戦力になれる実務経験があれば、ブランクが長くても正社員として再就職できる可能性は高くなるのです。
要するに、専門的な業務を20代のうちに極めて、どこの企業でも戦力になれるように結婚前に自分を磨き上げておくことです。
結婚がゴールなんて甘い考えを持っている女性は、いざ離婚となった時に泣きを見てしまうのです。これからは1人で生きる力を持っている女性が活躍できる時代が来るのです。

焦りは禁物。すべてを実現させようとしない。

社会人になると学生時代と違い、驚くほど1年が早く感じます。あっという間に年末になり、あっという間に20代後半になり、アラサーになってしまいます。
本当に1年が早いので、上昇志向を持っている女性は、つい焦ってしまうのです。なぜなら、なりたい自分が明確になっているので、いついつまでに、どんなスキルを身につけたいのか?目標を持っているからです。
それが達成できないと焦りになってしまうのです。しかし、計画通りにいかないのが人生です。
焦らないコツは、すべてを実現させようとしないことです。
仕事で目標を持つのは良いことですが、目標を増やしすぎれば、すべてが中途半端に終わってしまうのです。
本当に必要なキャリアはどれか?スキルはどれか?しっかりと検討し、絞り込んで磨き上げていくのが、限られた時間で成果を出す秘訣です。
そのためには、まず、自分のキャリアビジョンを明確にする必要があるのです。
あなたは、20代後半、30代、40代のキャリアビジョンが明確ですか?結婚がゴールなんて考えていたら、すぐに30代になってしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です